トップ

重要視される歯科予防

歯科に関する常識

クリニック

キシリトールは歯科予防で重要

予防歯科において、キシリトールは非常に重要視されています。なぜなら虫歯の原因となるミュータンス菌に直接アタックしてくれるので、ガムの場合は噛めば噛むほど虫歯予防に効果があるのです。また、唾液の分泌を増やす役目もあり、石灰化作用が促進されて歯が健康的になります。ガムは基本的に、1日3回摂ることを推奨されています。食事のあとに噛むことを習慣にすると良いでしょう。歯科医院に行くのが苦手な人や、虫歯に悩まされている人は、毎日の生活の中で積極的にキシリトールを摂取することで、問題を解決することができます。

キシリトールで虫歯予防

歯科が虫歯予防に推奨しているものにキシリトールがあります。イチゴやカリフラワーにも含まれ、自然界にも存在する甘味をもつ炭水化物で、糖アルコールの一種です。虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯の発生を防ぐ効果が証明されています。非発酵性ですので酸を作りませんし、プラークの改善やミュータンス菌の増殖を抑制します。ガムやタブレットが有名ですが、シュガーレスと表示されている糖質がゼロのもので、甘味成分がキシリトール50パーセント以上入っている物を選びましょう。食後か食間に噛むと有効的です。きちんとした歯磨きをすることや、歯科の定期的な検診をすることが前提でもあります。

↑PAGE TOP